私にとってトイレは、仕事中に本当の自分に返れる場所でもあります。そんな仮想トイレを、ここにも作ってみました。


by gammaru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

かつてのこと

かつては対等な関係だった。
本当は今だって対等なのに、
あまりにも見られ過ぎたから、
その姿は奥に引っ込んでしまった。
見世物なんかじゃないんだよ。
エンジン全開で生きているだけさ。
だから、エンジン全開で生きていない人とは合わないだけ。
[PR]
# by gammaru | 2004-07-13 23:02 | 散文

選びたい

私は、選びたいんだ、本当に。
理解して、受け止めてくれる対象を。
でも、選べないことがもどかしい。
決して大多数を望んでいるわけじゃない。
例え少数でも、理解してくれる人を望んでいる。
[PR]
# by gammaru | 2004-07-13 22:59 | 散文

組み替え

一組の夫婦が結婚したとき、
新郎の父と新婦の母、
新婦の父と新郎の母が愛し合うようになってしまったら、
一体どうなるのだろう?
[PR]
# by gammaru | 2004-07-09 12:46 | 散文

ああ

毎日毎日、じっと見られ続けている私。
私を黙って見ている人は、
私に何を与えてくれるの?
[PR]
# by gammaru | 2004-07-07 07:48 | 散文

追いつけない

世の中の流れが速すぎて、
追いつけない。
私はいつも置いてけぼり。
もっと立ち止まって、鑑賞しようよ。
[PR]
# by gammaru | 2004-06-30 07:36 | 散文

対話

対話をすれば、ギャップがあることを伝えられる。
でも、対話がないのだから、伝える術がない。

私がこれまで交わして来た、魂の震えるような対話をお見せしようか?
感動にむせび泣き、共感と反感で想いがいっぱいになる、そんな対話。
激しいやりとりのあとでも、ケロっと忘れて笑える泣いたカラスの対話。
[PR]
# by gammaru | 2004-06-29 23:32 | 散文

交流モード

話の合わない人と、無理に付き合うことはない。
相手がお手軽モードでやって来ているのだから、
こちらが濃厚モードで構え続ける必要もない。
[PR]
# by gammaru | 2004-06-14 07:44 | 散文

私が見えてない人へ

耳にした途端、体中から血という血が流れ出すような言葉がある。
その場にうずくまりたくなるほどの熱い想いがある。

でも、私と合うのか合わないのか、そんなことさえもわからずに、
私の表面的な部分だけしか見てくれないもいる。

交流とは、単に長い時間をともにすることではない。
お互いの会話がお互いの本質に触れているかどうか、
それが大切なんだ。
[PR]
# by gammaru | 2004-06-03 08:06 | 散文

猫なで声

自分が困ったときだけそんな声を出して、
満足したら知らんぷり。

ご利用、ありがとうございました。
[PR]
# by gammaru | 2004-06-03 01:14 | 散文

MP3

朝から一度も再生できないMP3。
こんなふうにして、時間はどんどん流れて行くのだね。
思い切って、新しいプレイヤーを買うことにしよう。
[PR]
# by gammaru | 2004-05-31 12:39 | 散文